夜行バスで退屈しない方法!楽しむには?

バスでの長距離移動は特に女性一人で行く長旅となると特に防犯面が気になるという人もおられることでしょう。

それでなくてもすっぴんになったり無防備な格好になったりするので男性がいたら気兼ねするしなんとなく嫌だと考えるのも無理のない話かと思います。

そういう人に選んでほしいのが女性にだけ乗車が許された女性専用の車両です。

車内でエリアを区切って男女別に対応しているバスもありますが一車両まるごとというのなら気楽なものです。

乗るバスは安心感で選びたいところですね。

ただでさえ乗車料金が安い夜行バスですがそれにさらに加えて往復料金などもあるのでしょうか。

調べたところ行きと帰りで同じ区間乗るという場合にはさらにお得な料金になることもあるようです。

その場合行きのバスに乗る前に行きと帰りの分をまとめて事前購入しなければならないそうです。

路線の中には安くならないものもあるとのことですから会社を選ぶ際には前もって確認しておくと良いでしょう。

まあもとから格安の料金設定なので割引されたらラッキー!くらいのつもりの方が良いかもしれませんね。

夜行バスというと数ある移動手段の中でも大きなメリットとして格安料金を認識している人も多いかと思います。

ではデメリットとなると何があるのでしょうか。

なんといっても安全面の不安というのはあるかと思います。

運転手の技術や体調などに頼るところが多い乗り物ですしバス会社を選ぶ際には安全面にどれだけ気を配っているかを最優先にする方が良いでしょう。

それから到着時刻に関してはきっちり合うということが難しいので到着日の予定は余裕をもって組む必要があります。

他には数時間に及び同じような体勢が続くのでエアクッションなどを持参すると良いと思います。

長距離移動の際の有り余る時間をどう有効活用するかは夜行バス利用者としては考えどころです。

じたばたせず寝れば良いという潔い人もおられるでしょうがせっかくなのでできる用事を済ませたいと考える人ももちろんいるでしょう。

調べてみると無線LAN搭載の車両があるバス会社もありました。

仕事やゲームで移動中でもネットを使いたい場合も少なくないでしょうし、スマホやタブレットの携帯率が増えた現代ではかなりの需要があると思われます。

当然ながらゲームをしたりする場合は光などに気を付けて全員が快適な移動時間を過ごせるようにしたいですね。

旅行での移動は乗り物酔いしやすい人にとって気が重い部分でもあります。

せっかくの旅行も不安なことがあったら思い切り楽しめないかもしれません。

自分たちだけで乗っているわけではない長距離バスでは気分が悪くなっても自分のタイミングで車外に出ることは難しい状況です。

思い切り楽しめるよう車酔いしないためのコツを調べてみました。

まず乗る前の準備として脂っこくない食事を適量食べ、薬を飲んで不安感を減らしましょう。

特にお腹まわりをしめつけない服装を選ぶのが吉です。

持ち込む飲み物は炭酸水が良いと思います。

乗っている間は遠くの景色を眺めると良いですよ。

長距離移動に夜行バスを利用する際お手洗いの問題は重要です。

夜行なら普段から寝ている時間帯なので気にしないという人もおられるでしょうが、どれもほぼ乗車時間が数時間を超えますから何度か行きたい気持ちになる場合もあるでしょう。

運転手さんのためにも数回休憩をとりつつ目的地へ向かうのでこまめに解消することは可能なのですが、体調不良のために腹痛や車酔いになるなど即座に対処しなくてはならない緊急事態もあり得ないことではありません。

でもトイレ付きバスならそんな不安も吹き飛ばしてくれるでしょう。

必要なとき行く場所があると思えるだけで移動中の安心感が違いますよね。

仲間との楽しい旅行計画を糧に毎日仕事や勉強を頑張っているという人もおられるでしょう。

そうなると時間やお金は有意義に使いたいですよね。

お得に観光するために取り入れる方法として移動に長距離バスを使ってみるというのはいかがでしょうか。

一番のメリットは料金面ですがもちろんそれだけではありません。

昼間なら最近流行りのSAで移動中も楽しめるでしょうし、夜間の移動であれば仕事終わりに出発して次の日の朝から旅先をまわったり名物を食べたりすることも可能です。

思い切り時間を使ってめいっぱい楽しみましょう。

急な用事やスケジュールの変更で長距離の移動が必要になったとき乗りたい当日でも夜行バスを利用することはできるのでしょうか?調べてみますとバスに空席さえあれば乗せてくれるというところもありました。

夜行などは本数も多く空いている可能性が高いらしいのでネットで調べれば案外すぐ見つけられるのではないでしょうか。

運行本数が多い路線なら希望通りに座席を取ることも可能かもしれません。

ただ即日乗車可とは言っても予約がなければ乗車することはできませんのでその点はお間違えの無いようにお気を付けください。

たくさんの夜行バスが東京と大阪の間を行き来しています。

時間的には8時間ほどかかりますが料金はわずか数千円です。

別の移動手段で考えてみると新幹線でなら時間は3時間かかり費用的には15000円弱ほどになります。

また飛行機では1時間強の移動時間になりますがネックは交通の便と費用面で安くても一万円です。

こうして比べてみると費用面でのメリットが大きいのがバスでしょう。

時と場合によって何を最優先にするかは異なるでしょうし旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。

長時間の移動でどうしても気になってくるのがスマホやゲーム機のバッテリー。

隙間時間だけいじっていたつもりでもあっという間に残りがピンチ!と焦ったことがある人は少なくないでしょう。

充電ができる乗り物と言えば新幹線がひとつ挙げられますが実はなんと夜行バスにもコンセント付きのものがあります。

情報をまとめたサイトでピックアップされるほどに利用者側にとっても嬉しいサービスのひとつとなっています。

席一つ一つにあるというのもありがたい点ですね。

乗り物を回数券でお得に利用した経験はおありでしょうか。

例えば10回乗れる分の金額で11回乗れたりするのですがただでさえ安い夜行バスにもあるのでしょうか。

調べてみますとそれぞれバス会社の窓口で販売されているとのこと。

仕事や帰省などよく使う路線で販売されているならこういったものを取り入れるとさらに節約になると思います。

ただしそれぞれには有効期限があったり6枚などの数枚つづりだったりするので期限内に使いきる算段をたてなくてはいけません。

使いきるのが無理そうなら払い戻せる場合もあります。

実は初めて夜行バスを利用してみる!そんな人のために主な予約方法をいくつか挙げてみようと思います。

やはり一番便利にとるならネットからでしょう。

空席状況の確認や席の指定がリアルタイムで簡単にできますし車両の説明も載っていたりするので確認しながら選ぶことができます。

また他に電話という方法もあります。

不安な点や聞きたいことなどがあればこの方法が良いでしょう。

また会社によっては窓口で直接乗車券を買えたり近所のコンビニにある端末で買えたりするところも。

自分にとって一番利用しやすい方法を選びましょう。

夜行バスをはじめて利用するという人は長時間移動による乾燥やむくみなどの対処法を覚えていくと良いでしょう。

少し荷物になりますが飴やマスク、エアクッションやマッサージグッズがあると快適です。

また乗降場所は目印などを確認して間違えないようにしましょう。

当然ながら路線バスの停留所とは異なりますので地図は必ず忘れないように持ち移動は時間に余裕をもってするようにしましょう。

夜間の移動なら寝るということも考えて体をしめつけない服装にし身だしなみを整えるのに必要なものは手持ちのバッグに入れておくと便利です。

それから貴重品ケースなどで大事なものは身に着けておくと安心です。

ランキングなどでよく名前が出てくる夜行バス会社について評判などを比較してみたいと思います。

まず夜行バスが多く運行されているVIPライナーですが車内設備の充実度や独自サービスなどが人気の秘密のようです。

それからサンシャインツアーも格安ということで人気ですがそれ以外にパックツアーがいろいろ選べる点も評価されているそう。

はたまたまぶしいピンクのバスで知られるWILLEREXPRESSはバスを選べる上心配りも細やかとのことで評価されているようです。

このように選択肢はたくさんありますが重要な選ぶ基準として安全面へのこだわりも含めて検討するのが良いと思います。

夜行バスを使って旅行するメリットを挙げると、ひとつに夜の間を移動に使えれば一例として仕事帰りに出発して移動時間に睡眠をとって到着後は早くから観光するという風に上手な時間の使い方が可能という点が挙げられるでしょう。

究極的には2泊車中泊とすれば間の一日全部を観光に使えるのです。

それからなんといっても移動にかかる料金の安さが大きなメリットです。

運んでもらう距離に比べたら驚きの料金設定だと思います。

体力勝負かもしれませんがお手軽な旅ができそうです。